バイアグラジェネリック

バイアグラジェネリック/最初のed治療薬として知られています

バイアグラジェネリック

バイアグラジェネリックはバイアグラの効果と価格の安さを併せ持った、コストパフォーマンスに優れたED治療薬です。

 

ED治療薬と言えばバイアグラと言われるほど知名度が高く、世界中で愛用されているワールドワイドなお薬です。

 

なぜバイアグラジェネリックは安いのでしょうか?

 

 

まず、ジェネリック医薬品の成り立ちから説明します。

 

バイアグラジェネリックのようなジェネリック医薬品とは、「後発薬」とも呼ばれるように、いわゆる「新薬」の特許期限が切れた薬を名前を変えて製造したものを言います。

 

「新薬」は莫大な研究費用(300億円以上)と膨大な時間時間(約9-17年)をかけて開発されるので、当然薬の価格にも反映されるため割高になってしまいます。

 

その点、新薬のノウハウが既に存在するバイアグラジェネリック薬品は、新薬ほど経費を掛けなくても製造できるため、販売価格を安くすることが出来るんです。

 

さらに、バイアグラジェネリック医薬品を製造しているのはインドが圧倒的に多いことも理由の一つです。

 

インドは国内法で、特許の期限を定めていないため、他の国で開発した薬で特許期限が残っていても、製造することが出来てしまうんです。

 

インド国内で作られた薬は、アフリカなどの貧しい国の医療に大いに貢献しており、もしインドで薬が作れない場合は、インドから薬を輸入している国の医療制度自体が破たんしてしまうくらいの影響力を持っています。

 

なので、インド国内で安く薬を作ることは非常にに意味のあることでもあるんですね。

 

インドは国を挙げて製薬会社をバックアップしており、安全面からいっても信頼性は高いと言えます。

 

このような理由でジェネリックは安く供給されているわけですが、問題が無いわけでもないんです。

 

それは、「ニセモノ」が大量に出回っている事です。

 

 

インド国内には劣悪な環境で「ニセモノ」のジェネリック医薬品を作っている工場が沢山あり、悪徳業者がその薬を安く販売して利益を得ている実態があります。

 

インターネット通販で気を付けなければならないのは、このような悪徳な個人輸入代行業者からは絶対に購入しない事です。

 

あくまでもインターネット通販は「自己責任」が大原則であることを忘れてはいけません。

 

>>>バイアグラの詳細はこちら

バイアグラジェネリック種類

バイアグラジェネリックは、バイアグラの主成分であるクエン酸シルデナフィルを使ったバイアグラの後発薬です。

 

バイアグラジェネリックには、いくつか種類があるので紹介していきます。

 

1.カマグラゴールド

 

インドの「アジャンタ・ファーマ社」が製造するバイアグラジェネリックで、バイアグラジェネリックの中でも最も人気があります。

 


 

日本国内のクリニックで処方してもらえるのは、50mgと25mgですが、ここで紹介するカマグラゴールドは輸入品なので、100mgタイプです。
ピルカッターで半分にすれば、50mgになるのでコストパフォーマンスがさらに高くなります。

 

ピルカッター

 

2.カベルタ

 

カベルタは、インドの製薬会社ランバクシー・ラボラトリーズが製造するバイアグラと同じ成分で作られたED治療薬です。


カベルタは勃起を助けるED治療薬として処方されています。

 

カベルタは陰茎の海綿体平滑筋の緊張をゆるめ血流をよくすることで、十分な勃起に導きます。

 

カベルタの成分、クエン酸シルデナフィル(Sildenafil)には、勃起を持続させる効果があります。

 

 

3.シラグラ

 

シラグラはジェネリック医薬品メーカーの最大手であるインドの製薬会社のシプラ社の製品です。

 


 

シラグラ100mgは先発薬のバイアグラの約3分の1の価格です。

 

症状によって、1錠の半分(50mg)の服用でも効果があるので、その場合はさらにコストパフォーマンスが高くなります。

 

 

ピルカッターを上手く利用して、100mgを半分の50mgにしてさらにコストパフォーマンスを上げましょう。

 

>>>バイアグラの詳細はこちら

バイアグラジェネリック比較

現在販売されているed治療薬は「バイアグラ」「レビトラ」「シアリス」の3種類です。

 

知名度からいえば、バイアグラがダントツだと思いますが、レビトラとシアリスもバイアグラにない長所があります。

 

また、それぞれにジェネリックが存在し、特徴があるので説明しましょう。

 

 

1.バイアグラジェネリック(カマグラゴールド・カベルタ・シラグラなど)

 

特徴−持続時間は5時間程度であり、食事の影響を受けるので空腹時に服用してください。

 

即効性があり、早い人だと30分位で効果が実感できます。

 

 

2.シアリスジェネリック(メガリス・タダリス・エキシラーなど)

 

特徴−持続時間は36時間程度と最も持続時間が長い

 

食事の影響は受けないので食事をしてから服用することが出来ます。

 

人によっては勃起力が弱いと感じる場合があります。

 

 

3.レビトラジェネリク(サビトラ・ジェビトラなど)

 

特徴−持続時間は8時間程度で、食事の影響はあまり受けませんが、脂分の多い料理やアルコールは効果を弱める可能性があるので、控えた方が賢明でしょう。

 

最も即効性があり10分〜30分位で効果が実感できます。

 

以上のようにそれぞれに特徴があるので、実際使い比べてみて自分に一番合う薬を選ぶのが賢明かと思います。

 

ライフスタイルは人さまざまだと思いますので、自分のライフスタイルに合ったED治療薬を見つけて下さい。

 

最近では、3種類がセットになったものも販売されているので、送料の無駄を省く意味でも利用する価値はありそうですね。

 

>>>バイアグラの詳細はこちら

バイアグラジェネリック飲み方

バイアグラジェネリックを飲んでもあまり効果を実感できない方のほとんどは、「空腹時に服用していない」事が原因なんです。

 

特にバイアグラ系のジェネリックについては食事の影響を大きく受ける事があるので、飲み方に注意が必要です。

 

基本的には、「胃の中に食物が入っていない状態で服用する」事がキーポイントなので、それほど難しいことではありません。

 

一般的に、食事を摂ってから2時間以上経過すれば食べた物は胃から腸に移動して、胃の中には何も残っていない状態になると言われています。

 

ですから、昼食を食べてから夕食を食べるまでには、ほとんど胃の内容物は消化されてしまっている訳です。

 

以上のことを考えると、夕食の前の空腹時にバイアグラジェネリックを服用すれば、効果は確実に表れるはずなんです。

 

胃の中が空っぽの状態で服用することによって、胃の毛細血管から血液中にバイアグラジェネリックの成分が吸収され易くなります。

 

よく、「すきっ腹にお酒を飲むと、すぐに酔いが回る」と言いますが、同じ理屈で空腹時にはアルコールの吸収が良くなるからなんです。

 

お腹がすいた状態でセックスはしたくない、「腹が減っては戦は出来ぬ」じゃないか、と思われる方もいらっしゃると思いますが、その場合は空腹時にバイアグラジェネリックを服用し、最低でも30分以上経過してから食事をして下さい。

 

血液中に完全にバイアグラジェネリックの成分が吸収された後であれば、食事の影響は受けませんので、安心して食事が出来ます。

 

ただし、バイアグラジェネリックは飲んでから4〜5時間は効くとはいえ、効き目がマックスになるのは服用後1〜2時間目くらいですから、食後あまりゆったり構えていると薬の効果がすこしづつ薄れてきます。

 

パートナーとのデートの計画を立てる際には、この事を頭に入れたうえで、効き目がマックスになった時にはベッドインしているようにしたいものです。

 

>>>バイアグラの詳細はこちら

バイアグラジェネリック・国産

2014年は日本のジェネリック医薬品メーカーにとって、エポックメイキングな年だったことは間違いありません。

 

なぜなら、「バイアグラ」の成分である「シルデナフィル」の「物質特許」が2013年5月17日に特許権存続期間を満了し、勃起不全治療の「用途特許」が2014年5月13日に満了した事で、正式にどの製薬メーカーでも「バイアグラジェネリック」を製造できるようになったからです。

 

それまでは、病院で診察を受けた後、医師の処方箋によって薬局から「バイアグラ」を購入するか、インターネット通販で外国製のバイアグラを購入するかのどちらかでしたが、今度は国産のバイアグラジェネリックを手に入れることが出来るようになったんです。

 

国産のバイアグラジェネリック第一号は、黒柳徹子さんのコマーシャルで有名な、東和薬品株式会社から、「シルデナフィル OD 錠 50mgVI・トーワ」という名前で、1錠1200円と言う価格で発売を開始しました。

 

その後、キッセイ薬品工業株式会社から発売された「シルデナフィル錠 50mgVI・キッセイ」が発売され、価格は1000円と少し低価格になっています。

 

先発薬の特許が切れると、ジェネリック薬が「ゾロゾロ」発売されることから、医療関係者からはジェネリック薬の事を「ゾロ」などと卑下した名前で呼ばれていた時代もあったことを考えると、ジェネリックも市民権を得たんだなあと思います。

 

さらに、数社からバイアグラジェネリックの発売もありました。

 

>>>バイアグラの詳細はこちら

 

 


ホーム RSS購読 サイトマップ